komi7

 

「みんな顎関節を狙いすぎなんだよね。

 

なんでみんなそんなに顎関節に執着するのかなって思うけど・・・」

 

 

「一般的によく言われている顎関節症に対する原因やアプローチ方法をいくら論じてもね、

 

じゃあ先生はそれで改善させた事ってありますか?って事なんですよ」

 

 

セミナーで古藤先生はこのようにお話されていました。

 

 

古藤先生の言われることに対して「確かにそうだな」と思いました。

 

 

顎関節自体を分析する検査法やいろんな顎関節の問題に対処するテクニックというものは探せば

 

一応は出てきますが、そのテクニックで確実に改善させることができるのか?と考えた場合、

 

答えは「NO」だと思います。

 

 

ですから実は顎関節症を改善させるための確実なテク二ックというものは世の中には

 

存在していないというのが正直なところだと思うんです。

 

 

一般的な考えとして、やはり「顎関節症の原因は当然ながら顎関節にある」と考えがちです。

 

つまり多くの施術家の先生は顎関節自体への有効なアプローチテク二ックを探しているのです。

 

 

しかし、その顎関節自体のテクニックをいくら勉強しても顎関節の全ての症状に対応

 

することなどできないということは薄々感じているのではないでしょうか。

 

 

それに何よりも、今まで何十年と論じられてきた顎関節自体に関する

 

オーソドックスな理論や技術にやはり限界を感じられているのではないでしょうか。

 

 

そしてもっと深く考えると、先生は顎関節に対するありふれたテクニックや、

 

症状改善のための答えを古藤先生に求めているのではないと思います。

 

 

大丈夫です!!

 

そんな先生の期待に古藤先生はバッチリ答えてくれています!!

 

 

そう、今回のテク二ックは顎関節の問題を改善させるために顎関節にアプローチするという

 

テク二ックが公開されているのではありません。

 

 

顎関節にアプローチせずに顎関節症を改善させるテク二ックをたくさん伝授してくださっているのです!!



  顎関節にアプローチせずに顎関節の症状を改善させる